耳鳴りに適した治療法|めまい患者が急速に増えた理由|ストレス社会の闇

めまい患者が急速に増えた理由|ストレス社会の闇

耳鳴りに適した治療法

カウンセリング

周囲で音がしていないのに音が聞こえるように感じるのが耳鳴りです。この耳鳴りではキーンという高音やジーという低音などが聞こえるのが特徴です。40代から70代にかけての約20%程度の人に耳鳴りの症状があると言われており、年齢が高くなるほどに罹患率も高まる傾向があります。この不快な症状を伴う耳鳴りの要因は内耳に障害が起きていることが原因です。内耳に障害が生じる要因には耳垢栓塞や慢性中耳炎をはじめ突発性難聴やメニエール病など様々な要因があると考えられます。また音楽活動を行う方などに多い騒音性難聴や加齢が原因となって生じる老人性難聴の場合にもしつこい耳鳴りが聞こえるようになる場合があります。いずれにせよ耳鳴りの症状が出た場合はすぐに新宿の耳鼻咽喉科で詳しい診察を受けるようにしましょう。

新宿の耳鼻咽喉科では耳鳴りの治療を行っています。耳鳴りの治療ではまずは診察によって耳鳴りの原因を推測します。耳鳴りの原因が外耳道の炎症などはっきりとしている場合にはそれらの治療を行い、その後の経過観察を行うことになります。新宿の耳鼻咽喉科では治療を必要とするはっきりとした原因が見当たらない場合や治療後にも耳鳴りの症状が残ってしまう場合にはTRT療法を行います。このTRT療法とはTCIと呼ばれるノイズ発生器を使用して少しづつ脳が耳鳴りに順応するように訓練を行う治療法となっています。多くの方はこの治療を半年ほど続けることで耳鳴りの音が小さくなったり、日常生活に支障がないほどまで気にならなくなったりします。耳鳴りが聞こえるようになった方は新宿の耳鼻咽喉科が行っているTRT療法で治療を行ってみましょう。